FC2ブログ

ナナマニア★世界一周しちゃえば!?

世界は待っててくれるけれど、見たい世界は変わってく。ヤリタイコトは、ヤリタイトキに。だって人生一度キリジャナイ?

25日目★DAY OFF

DSC02456

何もしない。
今日は絶対、何もしないと決めました。

部屋でルームサービス頼んで、映画ざんまいでリラックスする日です。
1ヶ月ぶりのおやすみです。

一日でルームサービス 6回
一日で見た映画     レオン
               スピード1
               スピード2 
               ミスターインクレディブル
               ダイハード3
               ダイハード4
               ターミネーター

以上。
スポンサーサイト



テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2009/02/15(日) 19:20:09|
  2. インド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

24日目★ムンバイへ

DSC02448

AM4時起床。今日はコルカタからムンバイへの移動。
久しぶりの飛行機移動。インドは空港で検査が厳しくて、時間がかかるって聞いたから少し早めに空港へ向かうことにした。
空港へは、パラゴンで会った韓国人の男の子と一緒にタクシーをシェアして行く事に。

飛行機は「スパイスジェット」を使ったんだけど、航空券の値段が安かったわりに大きな飛行機だったし、そしてあんまり人が乗っていなくて、ガラガラで快適でした。

DSC02449
あたしの周りには誰もいなーいー


無事ムンバイに到着。そしてびっくり!
同じインドでどうしてこんなに違うんだろう?
空気がきれいで、インドで一番の大都会だとは聞いていたけれど、これが同じインド?!
ってくらいほんまに驚いた。
感激しすぎて、ホテルから迎えに来てくれたおっちゃんの方をバシバシ叩いてたよ。興奮しすぎ笑。

更にムンバイでは2日のみの滞在だったので、ゆっくりしようと
空港近くにホテルをとり、しかも一泊50ドルくらい。ちょっと贅沢してきゅうけーです。

ホテルは期待以上にきれい!やったぁ!ホットシャワーだぁ!うれしー!

今日はインド中がお祭り!DIWALI!!
朝から夜中までずっと、花火が上がったり、爆竹がなってたり、
どこもかしこもお祭りです。
街中にも、オブジェやイルミネーション、ライトアップなんかもされたり、
歩いていてもみんなの顔がすごく幸せそうで、あたしもにんまり。

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2009/02/14(土) 19:00:14|
  2. インド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

23日目★コルカタ LASTDAY

DSC02438

昨日は飲みすぎた~二日酔いだ。
インドの良く分からん赤ワインにやられた~。

昼から歩いて、公園へお散歩に。
雨は上がり少し天気も復活。最後の日にして初めてコルカタをゆっくり歩ける。
公園は、3kmも続く、とても大きな公園。
その公園沿いを歩き、「セントポール寺院」「ヴィクトリア聖堂」を見てまわる。
乗馬してる人がいたり、横になって本を読んでいる人がいたり、とてもキレイな公園。

一見、普通なことに感じそうだけど、
あたしが今まで見たインドはどこにでも人がたくさんいて、とても立ち止まったり、
ゆっくりベンチに座ったり、芝生に寝転んだり、なんて印象とはかけ離れていたので、
なんだかへんな感じだ。
あ。ラブラブなカップルもいっぱいいたぞー

今夜は最後の夜になる人が多くて、みんなでエビカレーを食べに。
なんかみんなおいしーおいしーっていうから気になっていたんだよねぇ。
これが、エビカレーていうか、エビそのものより濃厚なカレーだった。
うますぎます。
そして豪華。

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2009/02/13(金) 18:44:13|
  2. インド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

22日目★どしゃぶり

DSC02437

昨日から降っていた雨が、今朝から本格的に降り出した。
コルカタに来てから、毎日天気が悪いです。
インドなのに寒い。シャワー水だから、ほんま夜に浴びるのはきついです。
だから日が出ているうちに浴びる。
でも雨が降ってる時に、外に出るとビーサンの水跳ねで気づけば背中とお尻が、
どろだらけだった。

今日はどこにもいかないでゆっくり。
教えてもらったばっかりのパチカの練習をしたり、
夜はパラゴンに泊まっているみんなでお酒を飲んですごす。

みんないろんな旅道具持ってます。すげー
お湯を沸かすミニ電気ポットとか、キャンドルとか、お香とか、
インド旅行者で多かったのが、音楽を聞くためのアイポッド、そしてスピーカー!!
これはほんま使えると思った。
どんな部屋でも音楽さえあれば気分もあがりそう。

夜冷え込んできた頃には、誰かが持っていた味噌汁やスープを頂き、マジあったまったぁ。
やっぱ味噌汁すごいです。
そして、ワインもポットであっためて、
キャンドルに火をつけ、お香を炊いて、即席のパーティ。

旅してると、いろんな人に会うけれど、ここで会う人達はみんな個性的で、
びっくりするほど物知りな人が多かった。すごいぞ、伝説の宿 パラゴン。
人生を楽しむ為に、もっといろんな事が知りたい!
そんな風に思える夜だった。

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2009/02/12(木) 18:31:25|
  2. インド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

21日目★マザーハウスへ

DSC02433

AM7時に起きて、マザーハウス「シシュババン」孤児の家へ向かう。

着くと、すでに他のボランティアの人が来ており、子供達にご飯をたべさせていた。
ボランティアに参加したのは、日本でも海外でも初めて。
正直何をどうしたらいいのかわからない。

近くにいた慣れた手つきで子供にご飯を食べさせている女の子に、
「私は何をすればいい?」と聞いてみる。

「じゃあ、この子をお願いするわ」
子供用のテーブルがついているイスに座っている3・4歳くらいの女の子、
彼女にご飯を食べさせるように言われた。
まだ寝起きでまったくご飯になんか興味がなさそうな彼女に、
おかゆのようなものをスプーンですくって、口元に運ぶ。
食べたくはないみたいで、口をあけない。
う~ん、どうしたものか、と思って周りを見渡してみると、他のボランティアの人達は、
子供をあやし、叱り、それでも食べない子達には、無理にでも口を開けさせて、
スプーンでを口の中に入れる。

正直びっくりしたけど、話を聞いてみると
「この子達は食べなきゃいけないのよ」
さっきの女の子が教えてくれた。

ちゃんとご飯を食べない習慣だったこの子には、成長のために必要な量が、
多すぎると感じる量かもしれないし、
今ご飯を食べたくないとこの子が思っても、集団生活に慣れるために、ご飯の時間にご飯を食べなきゃいけないって事を自分で学習しなきゃだめなの。

そうか、そうだよな~
そうは言われても、見ず知らずの初対面の子供にどう接していいかわからない。
共通の言語がない、幼い子供に日本語で「ご飯たべなさい」「食べなきゃだめよ」と
話しかけ続け、時間がかかりながらもようやく食べさせる事ができた。

その後、子供達のオムツを替えてあげたり、マッサージ、足が弱い子供達の歩行練習。
歩行練習って言っても、決まったプログラムとかがあるわけではなく、
キャーキャー叫んでる子供の歩行器を1時間くらい押し続けてあげる。
もちろん子供だから途中で「いやだーシスターもういやだー」って泣き出す子もいたり、
シスターはそれでも歩行練習を続けるように子供をしかる。

あたしが見てた女の子はわりと人懐っこく、
まーもちろん子供だから、突然泣き出したりもして、なんで泣いてるのかわからずにおろおろしちゃうこともあったんだけど、それでもごきげんになって「シスタ~!」ってあたしのことを呼んで駆け寄ってきてくれることもあった。

ただ突然「おしっこ~!」って言われ、抱きかかえてトイレに連れてった時には、
なんとトイレは、ながーいベンチのようなところにいくつか穴が開いているだけだったので
どう座らせたらいいか分からず、あれこれ試行錯誤している時に、腕の中でおしっこ漏らしちゃって、
あたしもその子も、ズボンをびちゃびちゃにしちゃった時の
「あ~あ~」って顔のその子はかわいかった。
っていうか、あたしも「あ~あ~」だったよ笑。

最初はどうすればいいか分からなかったけれど、
人に聞いたり、見よう見まねで、何とかできたという感じです。
そしてその日のボランティアは休憩を挟んで12時に終了。

今日はボランティアの人が実はかなり多くて、
時々する事がない人がいたり、あたしも何度か手持ち無沙汰になっているときがあった。
何かしたい、と思っても、何もできないときがあったりと、ちょっと空回りな気分だ。

でも実状を見れたことは、すごくいい経験になったと思った。
どんな環境で、どういう子供達がいるか。
そして、その子達に向けられるシスターやボランティアの人達の顔。
なんだかあったかくなれた。
家に帰って、自分の家族や兄弟、友達に優しくしてあげたいとおもった。

あ。でもコレ、この気持ちってまさに、マザーテレサの言葉そのものなんだね。
近くにいる人、となりにいる人に・・・。



テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2009/02/11(水) 17:42:33|
  2. インド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ