FC2ブログ

ナナマニア★世界一周しちゃえば!?

世界は待っててくれるけれど、見たい世界は変わってく。ヤリタイコトは、ヤリタイトキに。だって人生一度キリジャナイ?

31日目★アンマン観光

DSC02696

久しぶりにお昼まで寝た。ヨルダンでのこの1週間は結構動き回ったもんな~
それでも最近早起きが続いたから、早朝どうしても目が覚めてしまった。二度寝。
朝食を食べて、アンマンをフラフラして、ポストカードを書いて日本へ送る。
あっというまのヨルダンも今日でいよいよ最後だ。なんだか淋しい。

DSC02695

サイードに最後だから夜みんなでご飯食べよう!って誘われたけど、
ごめんね~先約が。「それでも顔出して~待ってから」
「行けたら行くよ」って答えた。

夜はヨルダンでは一緒に時間を過ごすことが多かったせーこさんと部屋で飲む。
二人とも女一人旅だし、わりとお酒自粛する場も多いから、
今夜は部屋でリラックスして楽しいお酒を飲もう!と意見が一致☆
すごく物知りなせーこさんにたくさんの事を教えてもらい、ほんま頭パンクしそー。
そしてできれば、これを自分のものにしたいなー。

寝る前にサイードに「ありがとう」言わなきゃ!と、真っ暗な道を走る。
ホテルについて、他のスタッフに聞くと「ベランダで待ってたよ~下に歩いてないか探してたみたい」
でも彼は30分くらいに帰ったって。
あ。もう会えないんだってわかった瞬間、すっごい後悔した。
狭い町だし、毎日どっかで会えてたからまたいつでも会えるような気でいたけど
ちゃんと言わなきゃいけない事言えなかったし、
今夜が最後だったんだ。もう少し早く来て「ありがとう」って言いたかった。
なんか小さいときにした大失敗みたいにしゅんって悲しくなっちゃった。

明日はもうトルコだ。
スポンサーサイト



テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2009/02/21(土) 03:39:48|
  2. ヨルダン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

28日目★インディージョーンズ ぺトラへ!

DSC02584

ヨルダンの砂漠の真ん中にある「幻の都」と呼ばれている「ぺトラ」に行ってきました。
映画 「インディジョーンズ 最後の聖戦」のロケ地で一躍有名になった世界遺産です。

ぺトラの都は、岩に覆われるような場所にあり、唯一の入り口である小道も細長い岩の谷。
シークと言います。

シークを30分ほど歩き続けると、突如見上げるほど大きなギリシャ神殿のような建物が現れる。
神殿は、エル・ハズネと言われてます。

これを見つけたときにはうれしくて悲鳴をあげてしまった。
だってインディジョーンズでは、インディが馬にまたがって、
同じようにこのシークを通って、神殿に向かってかけていったんだよ~
映画のシーンが頭から離れない。めっちゃ興奮してきたー!

DSC02573
シークを歩いていると、こんな感じで少しづつ、見えてくる。
ここまでの道のりが結構あるから、かなりじらされます笑

DSC02606
どーーーんっ!!

ほんま期待していただけあって、すごい感激した!
迫力めっちゃある、しかも人間が作ったなんて信じられない!

DSC02597

これはぺトラで見所の一つではあるが、他にもたくさん見所があります。 
昔は、実際ここにたくさんの人たちが住んでいたといわれるくらいだから、広さも結構半端無い。
全部しっかりみようとすれば一日じゃ足りないだろうな~

DSC02605

でも疲れたときには、らくだにも乗れるし、馬車もいますぞ。

DSC02589

でもご覧のとおり、あのシークからは想像できないほどの大きな都なので、
近くに泊まって、3日くらいトレッキングしながら、全部を見るのもステキだなぁと思いました。


DSC02563

入り口付近にあるお土産やさんは、やっぱりインディジョーンズのロケ地に
なったこともあって、インディグッズ多いです★
テンガロンハットとか、ムチとか、いろいろあります。

ぺトラには、インディの格好で働くヨルダン人のおにーさんがたくさんいて、
馬でさっそう賭け抜ける姿はかなりおとこまえです。
そして、観光で来てる金髪のちびっ子がなりきっているのも、めちゃめちゃかわいかったぁ!
観光地各地で、その土地の衣装を買って、着てる外人の子供をよくみるんだけど、なんで
あんなにかわいいのー!


テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2009/02/18(水) 12:44:55|
  2. ヨルダン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

27日目★死海 DEAD SEAへ

DSC02532 

朝、クリフホテルに行って、一緒に死海にいけるメンバーを集めて、
タクシーを一日チャーターして、死海へ行くことにした!!

「死海」といえばあれですよ☆
塩分濃度が高いから、どんなかなづちさんでもプカッと浮く事ができる海。
そいえば小学校の教科書にも出てたね~
おじさんが死海に浮いて足も投げ出し、新聞読んでたよ~

実際どんなもんだろう?ってかなり楽しみにしてたんだ。

ちなみに一緒に行ったメンバーは、2人とも世界一周中!
すごいね。びっくり偶然。
ただここアンマン、世界一周旅行者が、アジアから中東に行ったりするうえで、
わりとたくさんの人が通過するポイントにはなるみたい。
だから逆にここヨルダンで、ヨルダンだけ旅行に来ました☆って人の方が
あんまりいなさそーな気がした。

そして、死海はというと初めはおそるおそるという感じだったけど、
思い切って肩の力を抜いて、水に体をまかせてみるとおもしろいぐらい浮きます!!
すごーい!おもしろいー!

ちなみに死海を泳ぐときのポイント☆
仰向けで泳いでください。
フツーに平泳ぎなんかすると、ひっくりかえりそうになります。
そして、塩分濃いのでひっくり返った日にはかなり悲惨です。目がしょぼしょぼ。
ためしに舐めてみたけど、びっくりしょっぱかったです。

DSC02517

そして「死海泥パック」
死海の底に沈んでいる泥を塗って、20分後にシャワーを浴びればベイビースキンに
なれます。
こんなおっちゃんがちらほらいます。


ヨルダンのかわいい子供達をご紹介。
街歩きしてると、子供がわりと興味津々みたいで声を掛けてきます☆
アンマンは親日的な感じがした。
景色を撮ったりしてると「あたしも撮って~」って、かわゆい。

DSC02511

DSC02513

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2009/02/17(火) 00:00:07|
  2. ヨルダン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

26日目★ヨルダン アンマンへ

DSC02501

AM5:55。朝一番の飛行機に乗るために、夜中の3時ホテルをチェックアウトして空港へ向かう。
2週間ほどいたインドもこれで最後だ。
まだ真っ暗な道をリキシャーの後部座席で揺られながら、インドでの旅を思い出す。

旅の当初、インド この国がすごく衝撃的だった。
見るものだけでなく、ただそこに立つだけで、五感全てで感じるものが
今までにまったく経験したことのないものばかりだった。

天国に思えるのか?
地獄に思えるのか?

正直なところ、分からない。
ただ、また来たいと思ったし、日本に帰った後の生活でも
きっとふとした瞬間に、ここでの人達の顔を思い出すだろう。


ロイヤルヨルダンの飛行機に乗って、いよいよヨルダンへ向かいます。
脱 アジア!次は中東!!

空港のセキュリティーチェックを通過するときに感じたのだけど、
イスラムのあの頭から布で髪や体を覆い隠す服を着ている女性が多くなった。
身体検査をされるときも、女性はついたてがある別の場所へ通される。
イスラム圏の国へのスタートがもう始まっていた。

そしてうれしいハプニングが!
出発までの待ち時間、搭乗口でラテを飲んでいると、
コルカタのパラゴンで出会った男の子達に再会!!
彼らはあたしよりも少し早い便で、バンコクへ向かう。
なんか男の子2人旅って無敵だね~。頼もしいなぁ。
あたしとは違う旅の楽しみ方がまたそこにはある。
そして、あたしたちは数時間後にはお互い全然違う場所に降り立つのを想像すると
少し不思議な感じがした。

何度かこうやって再会できる人がいたのだけれど、毎回不思議とせつない。
再び交差することができる人、そして最初の出会いきりになってしまう人。
その土地土地の人たちなんて会えた事自体が奇跡だから、
その一度きりでも、楽しめるようたくさん話をするのだけれど、
時々、時々ね。なんか、せつないなぁーって空っぽになってしまいそうなときがある。
ほんな苦しいなーって思うときがある。
だって、バイバイする時は、仲良くなればなるほど、さみしいんだ。

もちろんいつもそんな気分で過ごしているわけじゃない。
それは時々、胸をキューって締め付けて、台風みたいに去っていく。
その感覚に矛盾をおぼえたり、どうしようもなくサミシイって感じても、
やっぱりそれに勝るものが「出会い」にはいっぱいあるから、
こうやって毎日、ハローって声を掛け続けるんだと思う。

この あいだを行ったりきたり、することが今の旅で自分にとって
今までに考えたことのないことをいっぱい考えさえてくれた。


DSC02475

ヨルダンに到着すると、空気が変わった。
中東に来たんだ!って一瞬で感じた。
アジアとはまったく違う乾燥した空気、しろっぽい土の色。
そして抜けるような空。

エアポートバスでダウンタウンまでは一時間ほど。
迷いながらも、ホテルに着き、早速バスのチケットやツアーの手配をする為に動いた。

バスのチケットオフィスまでは一時間ほどひたすら歩く。
バスチケットは確保できたものの、死海まではどうやっていこう。
泳ぐわけだし、これはできれば誰かと一緒に行きたいなぁー。

夕方から、どうしても見たかった「アンマン城」「考古学博物館」へ。
空に向かって伸びるヘラクレス神殿はすごくよかった。

DSC02477
イラク人の気のいいおっちゃんと写真撮影会。

帰り道は「ローマ劇場」「ヨルダン国旗」も見える。

DSC02482

DSC02464

アンマン城はアンマンの街の中心にあり、街を見渡せるのでお勧めです。
帰り道「クリフホテル」に死海にいくツアーの相談に行ったんだけど、
スタッフ・オーナー共、すごく親切でおまけに夜ご飯まで頂き、
いろいろアンマンについて教えていただきました~★

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2009/02/16(月) 23:29:17|
  2. ヨルダン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0