FC2ブログ

ナナマニア★世界一周しちゃえば!?

世界は待っててくれるけれど、見たい世界は変わってく。ヤリタイコトは、ヤリタイトキに。だって人生一度キリジャナイ?

66日目★ラパス観光

バスは再びガタガタの道を一晩走り続け、朝の7時ようやくラパスに戻ってきた。
思ったよりもバスの中では寝れなかった。

今回の旅でもっとも大変であろう、と思われたペルーとボリビアの2週間が
もうほぼ終わりに近づいていて、よくやった!ってほっとしているところもあるし、
山場を越えた淋しさも入り混じって、バスの中ではいろいろなことを思い出していた。

今日は1日ゆっくり休もう。
タクシーで再び「一番ホテル」に向かう。
ドアを開けるとオーナーの南雲さんが「おかえり~」って。
あたしも多分ウユニ塩湖が良かったよ~感動したよ~!って事を伝えたくてしょうがない顔をしてたんだろうけど、南雲さんもすごく楽しそうにどうだった?って聞いてくれたので、うれしかった!
南雲さんはすごいおっとこまえだし、お父さんのようにかっこいい頼りになる方です。


夕方からラパスの街を観光しに行く。
出かける前に南雲さんが、ミクロの乗り方や(マイクロバス)、ルートを教えてくれたので、
今日は乗ってみる事にした。
このバス、便利そうだったんだけど、いつもバスからはみ出るほど人が乗っていて
バスのドアや入り口につかまっているだけの状態で乗っている人もいて、
乗るの大変そうだなぁ~ってまだ乗ってなかったんです。

早速乗ってみると、思ったより混んでなくて、快適だった!しかも安い!
片道1ボリビアーノ(20円くらいです)。
しかもこうやってローカルのバスに乗るだけで、旅の目線が全く変わるから面白い。
しかーしっ!帰りのバスはすごかった。満席どころかもうギュウギュウ!
バスの奥に行くと二度と自力じゃ出れないような気がしたので、
上級者を真似してバスの入り口にしがみついてた。笑
だけど意外にコレも楽しい☆ただスリには注意!と思って、貴重品の入っているポケットは死守。

夜ご飯は、松本さんと一緒にチキンと牛タンがモリモリのったのをおかずに
ボリビアビールを飲む。
標高4000m弱で飲むビール。かなり酔いまわるのが早かった~

そして、今日でボリビアは最後。
う~ん、ほんま淋しい。
まだまだ未開拓なこの国、これからどんどん変化していく国だと思った。
ぜひともまた来たい。

だって5000~6000mの山にアクセス良く登山にいけたり、
トレッキングなどアウトドア好きには魅力がいっぱいの国は、
今はまだ舗装されていない道がたくさんあったりなど、一見旅行をするのは
大変そうなんだけど、そこも大きな魅力なんだよな~

それに、ウユニまでの道は舗装されていなくて、どうしてこんなにステキな場所なのに
みんなが行きやすくしないんだろう?と思っていたんだけど、
あえて、今の舗装されていない道のままでいいんじゃないか、
っていう意見の人も多いみたいです。

・・・というのも、道を舗装したり、更には飛行機なんかでもっと簡単にウユニにいけるように
なったら、あっというまにたくさんの人が押し寄せて、
すぐにウユニの自然はぼろぼろになってしまうから。
現に今も水はけの悪いウユニ塩湖にはホテルを作る事さえ難しいのです。

でもウユニ塩湖が観光の為に、自然が汚染されてぼろぼろになってなんか欲しくない。
きっとは、時間の問題でたくさんの人が行きやすくなるような手段が確保されるのだろうけれど
お願いだから守って欲しい!って思った。
スポンサーサイト



テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2009/03/28(土) 01:14:08|
  2. ボリビア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

65日目★バイバイ ウユニ!



ホテルのチェックアウト今回はラッキー☆お昼の12時。
昼まで思う存分寝れた~
チェックアウトして、昼食を食べるため、カフェに入る。

DSC03925

今日は夜のバスでラパスに戻る予定なので、それまでの時間を
ウユニの街で過ごすことになる。ただウユニの街小さいんだよね~
30分もあれば街をぐるりと周ることができる。

DSC03924

ランチはチキンサンドイッチとフレッシュジュース☆
旅行中果物を贅沢に使ったフレッシュジュースがすごく安い値段で飲めるからしあわせ☆

ご飯食べてたら、やっぱり狭い街だからどこかで会うと思ってました!
昨日のツアーで一緒だった松本さんが~☆
一緒にランチする事にして、このゆるーい雰囲気のウユニと同様、
ぽけ~っと話をしてた。

ウユニは昼間とってもあったかしい、天気もいい。
小さな町でそんなになたくさん人がいないんだけど、それが決して寂しい感じには
ならず、ゆったりとした時間がここには流れてて、ピースフル。
独特な雰囲気で、すごく好きになった。

午後の時間は、ポストカードを書いたり、お土産買ったりしてゆっくりすごした。
そして実は昼からこの街は停電になっていたみたいで、暗くなるころにようやく気付く。

DSC03917

暗くなり始めると、人がどこからともなく広場に集まる。
家では暗くて過ごせないので、人々が家の玄関の前で座り込んでキャンドルを
ともしている。
レストランにもたくさんのキャンドルが灯され、
突然キャンドルナイトがやってきたようなすごくステキな雰囲気だ。

そんなキャンドルの明かりがいっぱいのウユニにバイバイをいって
バスに乗り込み、ラパスへ戻る。絶対にまたくるからね!

>今日はママの誕生日。おめでとう!ママ

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2009/03/27(金) 01:00:13|
  2. ボリビア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

64日目★ウユニ塩湖ツアー

DSC03851

朝起きると、窓からは真っ白なウユニ塩湖が見える。なんだか一瞬自分が
どこにいるか思い出せない不思議な寝起き。
今泊まっているこのホテルは、ホテルの壁や、ベッド、テーブル・・・と
ほとんどのものが塩でできているホテルなのです。
廊下を歩くと、自分が歩く足音だけで、更にはその音さえも塩の壁に吸収され
本当に無音に近い。まるで雪の中にいるような感覚。

朝食はよしさんたちと一緒に食べ、一足先に出発する彼らを見送る。
見送った後は、あたしも急いで出発の準備。
たった一晩だったこのホテルをチェックアウトして、今日はウユニ塩湖のツアーに参加。

ラウンドクルーザーがあたしを迎えに来てくれて、屋根に荷物を縛りつける。
今日一緒に周るメンバーはあたしを含めて全部で6人。
ベルギー人・メキシコ人・スペイン人・日本人の男の子に、
日本人の女の子1人。
その女の子は、ラパスから一緒にウユニ塩湖に来たゆいちゃんだった。再会☆

DSC03632
汽車の墓

DSC03828
プラヤブランカ
ウユニ塩湖唯一の、塩湖の中にあるホテル

DSC03842
イスラデペスカ(魚の島)
なんで魚の島って名前なんだろう?って思ってたら、この島遠くから見ると蜃気楼で
魚の形になって見える!

イスラデペスカでは島内のトレッキングをする。
小高い場所から見下ろす塩湖はどこまでも真っ白で絶景!
ランチは、これまた初めての「リャマ」の肉のバーベキュー!おいしいです。

16096998.v1229563051

ウユニ塩湖は本当にどこまでも真っ白で、こんなに不思議な世界があったんだ!
って感動したし、美しかった。
真っ白で、まぶしくて雪原にいるみたいです。

DSC03834

陽気なラテンののりでツアーは楽しくてめっちゃ充実してた。
英語・スペイン語・日本語が飛び交う車内。
みんなそれぞれが楽しんでいたし、メンバーが最高によかった。
途中イスラデペスカでは、違うツアーのグループも混ざって、みんなでおもしろい写真を
撮ろうと、あーでもない、こーでもないって10人くらいでやっていたんだけど
本当に楽しくて笑いが絶えなかった。


16096699.v1229620507
旅は残り2週間だ。もっともっと楽しもう。

夜はツアーで一緒だったゆいちゃん松本さんとご飯を食べに行く。
地元の食堂をみつけ、これまた豪快なチキンのバーベキュー。
夜は数日間一緒だったゆいちゃんと、お別れを前に少し話をした。
この旅ではめずらしく結構長い時間一緒にいたから、バイバイするのが少し淋しい。
彼女のスペイン語にはとても助けられた。
彼女が日本に帰ってくるのはまだ少し先だけど、また会えたらいいなと思う。

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2009/03/26(木) 00:45:59|
  2. ボリビア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

63日目★ウユニ!!!

DSC03625

昨夜、PM21時にラパス出発。
そして、翌日AM8時 にウユニの街に到着。

ボリビアは道がすごい悪いとは聞いていたけれど、かなりの悪路でした~
途中からは、思わず笑ってしまいそうになるほどのガタガタ道だった。
脱いでいた靴や床に置いていたかばんは、目が覚めるとどこかへ行ってしまってた。
そして道が悪くなればなるほど、まるでマッサージチェアのようになるシートは、
これ意外に快適で、血行もいい感じになり、よく眠れました。
まぁ~大半の人はありえんっていってたけど、降りるとき運転手に切れてるおばちゃんも
いたくらいだしね~

ただあたしたちが乗った「TO DO TURISMO」は他のバス会社に比べると
料金も高く、かなり良いバスなのできっと他のバスはもっと悲惨かも・・・と思われます。

>「TO DO TURISMO」 US$33(片道 ウユニまで)
晩ご飯・朝食つき。バスの中は暑いくらいエアコンが入ってました。
DVDもついてて、映画も見れる~

バスがウユニにつくと同時にわらわらと客引きがくる。
情報ノートで評判の良かった「ブリサツアー」という会社に着いてってオフィスで
はなしを聞く。
今日はウユニの街で一泊してゆっくりして、明日ウユニ塩湖に行こうと思っていたけれど
気になっていた「LUNA SALADA」というホテルに泊まる事にした。
なんとウユニ塩湖岸にあり、もちろん塩湖まで歩いていくことができる。
今までのホテルと比べると割高だけど、塩でできているホテルに泊まりたかったので
泊まる事にした。
ブリサツアーのおばちゃんはかなり商売上手だったけど、交渉して
なんとかまけてもらった。
ゆいちゃんは「プラヤブランカ」という唯一塩湖の真ん中にあるホテルに泊まるので
ここで一度バイバイ。

DSC03641

ホテル「ルナサラダ」について、早速ウユニ塩湖まで歩いた。
塩湖までは歩いておよそ30分。

DSC03661

ホテルの裏側に、群れたリャマの大群を発見し、てくてく追いかけた。
あまりにもたくさんいて、最初は攻撃してきたらどうしようーって思ったりもしたんだけど
向こうも「なんだこいつ?」って感じで近づいたらどこかへ歩いていってしまう。
なんだかかわいい。

DSC03820

塩湖に向かって歩くと、周りには何もなくなった。
今までに見た事のない絶景。
強く吹き上げる風の音しか聞こえない。
大声で歌を歌いながら、あるく。

DSC03664

遠くには山も見えて、青い空がどこまでも広がって、
一人ぽつんって塩湖に立っていたら、突然涙が出てきて止まらなくなった。

一度あふれ出すと止まらなくなって、
なんなんだろう、この気持ちは。

後から思い起こしてみると、
これだけの自然を前にして感動したんだと思う。
あたりまえのことだけど、あたりまえすぎて気付くのに時間がかかった。
もうちょっと自分の頭の中は複雑になっているものだと
思っていたけれど、いとも簡単だった。

何にもないところにぽつんって一人になって、大の字になって寝転んだり
大声を出しても誰にも声が届かない、今までに見た事のない場所。

音がないっていう音を、初めて聞いた気がする。
本当にひとりっきりになって、自然の大きさをいやというほど肌で感じられる
場所っていくつくらいあるんだろう。

考えるよりも、体が反応して涙があふれ出したことなんて、めったにない。
たまらなかった。
旅行に来て本当によかったと思った。
ありがとう神様。
あ、あたしにも神様がいる。
感謝したいときにだけ、存在する神様。
しあわせな人間だと思った。


>何もおそれるな。
 何かをおそれることが、一番おそろしいことだ。

 神様になにかをしてあげる必要はない。
 だって、神様はすでにあなたのことを、あいしているのだから。

Lindy


夜ご飯を食べているときに、ラパスのホテルで出会った男の子よしさんに再会した。
彼はラパスからプライベートでドライバーとガイドをチャーターしてきてる。
今から夜の塩湖の星空を見に行くということだったので一緒に連れて行ってもらうことにした。

星空はいうまでもなく美しかった。
プラネタリウムみたいだ。
真っ白な湖に影がうつるほど明るい月が出てる。

そんな月の下で、メキシコから来ているカップルに出会った。
話をしていると、なんとヤフーメキシコをスポンサーにして、食用油を燃料にして
南米縦断するプロジェクトをしているらしい。
彼にとってもらった写真がHPにでるかもしれないっていってたんで楽しみなり。

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2009/03/25(水) 00:34:25|
  2. ボリビア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

62日目★ラパス観光

DSC03621

「ホテル一番」の朝食おは日本食。久しぶりにたまごやき食べたよ~
おいしい。ご飯食べてまた寝る。

一緒に泊まっているゆいちゃんは昨日から、調子が悪かったんだけど
更には今日、おなかの調子も悪くなり、ドクターを呼んでもらう事にした。
まさかとは思ったけれど、サルモネラ菌が原因だった。

そういえば、ペルーでもおなかの調子がずっとわるいんだよねぇ~と
いっている人達と何人か会ったが、ペルーからボリビアに入ってくる人の
3人に1人はこうやってサルモネラ菌にやられていて、ボリビアに来てから
分かる事が多いらしいです。
しかも調子が良くなったとしても菌をやっつけない限り、
菌が生きている限りまた調子は悪くなるので、ドクターに見てもらって
薬を処方してもらうのが一番との事。

ゆいちゃんはお薬をだしてもらい、安静にしてれば明日には良くなるよと
言われたので安心。

あたしは昼から、ベッドから出れないゆいちゃんに代わって、
おつかい。そしてラパスの街を散策。
でもさすが標高3650m。しかも急な坂道の多い街。
すこし歩くと息が切れる。
ホテルの場所的に、街に行くには下り坂なので歩いていけるけれど
帰りがほんまきつい!ありえないです。

DSC03624

人気のアレキサンダーカフェでチーズケーキを食べた。
めっちゃうまい。

夜には、ゆいちゃんも復活してちょっと心配だったけど、ウユニへ向かう
夜行バスへ乗る。

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2009/03/24(火) 00:31:43|
  2. ボリビア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ