FC2ブログ

ナナマニア★世界一周しちゃえば!?

世界は待っててくれるけれど、見たい世界は変わってく。ヤリタイコトは、ヤリタイトキに。だって人生一度キリジャナイ?

実用情報★タイ・カンボジア編

DSC01758

タイ
今回はバンコク数日なのであまり情報ありません。

>バンコクのホテルを日本から予約する際、すごく悩んだのがホテルの場所。
 スワンナプーム空港の近くにはあまりホテルがありません。
 あったとしても周りに何にも無い。
 1泊でもカオサンとか街中に行ったほうが楽しいし、便利だと思う。

カンボジア シェムリアップ

>シェムリアップ、安宿+ご飯代+ビール代 
 シティをブラブラするだけなら、一日US$10もあれば充分。

>懐中電灯いります。
 ほぼ毎日2・3時間の停電。あとはアンコールワット サンライズ&サンセット見るなら必須。

>アンコールワット意外にビーチサンダルでいける。
 暑いし、スコールあるし、スニーカー荷物になるようならいらない。

>飲みに行くなら「PUB STREET」
 ミニカオサンみたい。ここくらいしかない。
 「アンコール ホワッツ?」「テンプル クラブ」には結構人がいる。

>クラブ
 「サックソン」 ちょっとゴーゴーバー的な匂いはするけど、明朗会計。高くない。
          ショーあり、ダンサーあり。観光客多いです。
          近いから行きやすい。時々洋楽流れててたまに踊れる。

 「Zone one club」 地元の人のクラブは多分ここ。みんなガンガン踊ってます。
             音楽はほぼアジア系。そしてお客さんもほぼアジア。

>アンコールワット
 ・自転車で回ってる人結構います。体力に自信がある方はどうぞ。
 ・3日あれば、余裕を持って全て見れます。
 ・「ナイトアンコールワット」個人的にお勧め。
 
>US$だけで問題なし。
 ただしUS$1とか細かいものを持っていくこと。
 現地通貨のほうが使いにくかった。





スポンサーサイト



テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2009/01/30(金) 22:47:35|
  2. 世界一周まとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世界の食事★タイ・カンボジア編

旅行先で出会ったおいしいもの紹介していきます。

アジアの香草がばちっときいた料理が大好きです。
むしろ、多すぎだろ!って思うくらいのっけてください。

ではでは
●● 《タイ・カンボジア》編のベスト3 ●●


DSC02134
1位 タイのパッタイ
  タイ風の焼きそば。屋台で食べるのが格別。
  おばちゃんが平麺と野菜をちゃっちゃっ!と混ぜて、数分でできるのに
  こんなにうまいのがすげーっ。日本でもキットとか無印良品とかに売ってたりも
  するんだけど、自分で作ってもこの味にはなかなかならない。
  お好みで「酢・砂糖・唐辛子・玉ねぎのフレーク」とかを入れて味を調整する。



DSC01747
2位 カンボジアのパパイヤサラダ
 初のカンボジア料理。
 そんなに隣国タイとの変わりは無いかと思いきや、味付け違いますねー
 ちなみにパパイヤサラダはタイにもあったんですが、カンボジア独特の黒胡椒なのかな?
 ぴりっとスパイスが効いたドレッシングになっていて、癖になりました。
 これでご飯も食べれるし、つまみにもおすすめ。

DSC02107
ちなみにシェムリアップでは、オールドマーケット近くの「PHSA CHAS」っていう
レストランがお気に入りで、外に出るときはほぼここでご飯食べてた。
安くて、うまい!しかもライスフリーです。
そして店の女の子シャイなんだけど、慣れてくるとすごいフレンドリーでかわいい。

DSC02136
3位 タイのチキンヌードル
タイ・カンボジアとわりと味付けが濃い料理が多かったんだけど、ちょっとおなかを休憩させたいときに
このスープにすごい癒された~。わりとヌードルの屋台どこでもあります。
雑炊バージョンもたまにみるんだけど、こっちもかなりおいしい。


タイ・カンボジアの料理は、今わりと日本でも香辛料が豊富に売られているので、
自分で作ろうと思えば、真似してつくれそーだね。絶対マスターするべし。


テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2009/01/30(金) 22:21:51|
  2. 世界の食事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10日目★バンコクでピックニック

DSC02112

カオサンストリートがすごい安全な町になっていてびっくりした。
昨日の夜も治安いいなぁーとは思ったけれど、昼間歩いてみると、なおのこと。
ポリスもたくさんいるし、数年前に来たときは、値切ってなんぼだった買い物も
全然負けてくれないどころか、定価らしきものが存在するようです。

その値段に対して、8割くらいの値段で交渉したときに、軽くお店の人がキレて
いたのが、信じられない。数年前なら半額でもうまくやれば買えたのにな~
「伝説のバックパッカーの街」って感じではもうないのかな。

DSC02133

トビーとピックニックしよう!ランチを買って、公園でごろごろしよう!と計画。

ただランチを捜し歩くも、こうピクニック★って感じのランチは無い。
なんか焼き鳥のでかいやつとか、ヌードルとか笑。

なんとか持ち歩ける程度のランチを確保して、ビタミンも必要だね~と
みかん絞ってもらってフレッシュジュースも片手に、
辿り着いた川で、ベンチに座って、話し続けた。
日が暑くなってきたころには、ホテルで発見したプールで泳ぎまくって、
涼しくなってきたころには、ご飯を食べに。

この短期間でこんなに深い話ができた人っていうのも珍しいかもしれない。
再会できたけど、また明日はお互い違う場所に。
1回目のバイバイより、せつないけど、会えた事がラッキーだと思おう。
話が尽きない。



DSC02124
カオサンでちょっとした有名人(らしい)MR・バンコクに写真を求められた。
むしろ彼と写真を撮るときはお金を取られるらしいので、
あたしはラッキーだとまわりのタイ人に、
すげーすげーあんたラッキーだよ、と言われた。

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2009/01/29(木) 22:00:26|
  2. タイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9日目★Go Back Bangkok!

3日間お世話になったドライバーラドラドに送ってもらい空港へ。
ほんまありがとーすごい親切なドライバーでした。
2人してありったけのカンボジアマネーをチップに渡した。

「バンコクエアウェイズ」でチェックインをしていると、友達と同じ便に変更してくれ、 
同じ飛行機にてバンコクへ。

出国時にショックな出来事!
出国税US$25もカンボジア取るの知らなかったよ~。カードで支払い。しょぼん。

スワンナプーム空港に着くなり、すぐタクシーを拾い、そのままバンコク・カオサンへ!
そこで初めて挑戦!カオサンあるいてりゃ安宿見つかるよ~と宿探し。
これが意外に見つからないのね~
ガイドブックより数段値上がりしてるのにもびっくりしたけど、なんとか確保。
ちょっと牢獄チック。でもこれからもっとひどいとこ泊まるんだろーにゃー。
そう考えればここもまだ悪くはない。

DSC02118
カオサンストリート

DSC02113
大好きパッタイ

ここで実は待ち合わせしてまして、
カンボジアで会ったスイス人トビーと再会。
バスで7時間、再会する為に駆けつけてくれた~☆
3人で飲んで、ほろ酔いでいい感じになってきたところで友達はタイムアップ!
日本に帰国する便の時間。
ほんまめっちゃ楽しかったから二人で「帰らなくていいじゃん」
「タイで食あたりしたことにして仕事休めばいいじゃん」とか
ほんまめちゃくちゃな事言ってひきとめたな~笑

彼女を無事タクシーに乗せて、見送るときには、
やっとヒトリタビモード再び取り戻さなきゃと、数日間でもそばにいてくれた友達が
あたえてくれた安心感は大きかったんだと感じた。
日本に帰ってもなかなか会えない友達なんで余計淋しい。

彼女のタクシーが去った後に、しょぼんとしているあたしを見て
トビーが「気持ちわかるよ。僕もこの8ヶ月間、何回もこうやって友達と別れてるから」
そうだよなー旅って出会った分だけ、別れなきゃいけないから
しんどい事もあるよね。せつないよなー。
でも彼女とはまた日本で会えるんだから、何も悲しむことはない。

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2009/01/28(水) 21:35:03|
  2. タイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8日目★アンコールワット3rd DAY

DSC02007
この日は、更に一人仲間が増えて、けいごくんも入れて3人で行くことに。
彼は建築の勉強をしてて、そのつながりでアンコールワットも見てみたくてここにきたそうです。
なんか目的を持って見に来てると、あたしとはまた違った目線でみれるんだろーなぁ。
ガイドブック以上の事はあたしはあまり知らないので、
彼の目線で見えるアンコールワットをいろいろ教えてもらうと俄然アンコールワットに興味がわいた。
ただのアクロバットな世界遺産ではない。
それだけでも充分楽しかったんだけど、更にもっと知りたくなった。
そのきっかけをくれてありがとう!

ちなみにこれは「クバル・スピアン」
この川の中に残る遺跡を見るために、片道1時間ほどのトレッキングがあります。
でもここにきてよかった!
思ったより遺跡を見つけられず、道無き道を歩いたり、川の中を歩いて渡ろうとしたのは
インディアナジョーンズみたいで楽しかったね。


「バンテアイ・スレイ」
ここまでほぼ完璧な形で残っている遺跡はありません。
屋根のレリーフがこんなにキレイなのがすごい。
DSC02043

「なんでやねんっ」
DSC02046

「バイヨン」
湖に移った姿。かっこいすぎる。
どの角度で見てもパワーあったよ!かっこいいの一言につきる。
DSC02053

この日は、それ以外にも今まで見れなかったところすべてを見て、その後サンセットも見て、
更にドライバーラドラドとの会話でひょんなことから「ナイトアンコールワット」なるものが
あることを知り、その足で向かうことにしました。

最近、始まったらしく、あたしが行った時点ではまだガイドブックにも出てなかったので
今から行く人にはおすすめです。

●ナイトアンコールワット
 入場料 別途US$15 
 別で入場料取られるのが痛いですが、ライトアップされ、
 更に普段は人だらけなアンコールワットをほぼ独り占めできるのは、すごい贅沢です。
 回廊をぐるーっと回るだけなんだけど、昼間とはまったく違う顔を持つこの時間に来て
 やっとアンコールワット本来の雰囲気に近いものを感じられたのかなと思った。神秘的。


>夜はみんなで飲みに!ここでイスラエル人のヨニと友達になる。
 このタイミングでユダヤ教についての話ができるなんて、すごい。
 彼との出会いはおもしろくて、実は今日が初めてじゃない笑。



テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2009/01/27(火) 21:10:09|
  2. カンボジア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

7日目★アンコールワット2nd DAY

DSC01943
この日、ぜひ友達にも昨日見た朝日を見て欲しい!と思い、
再び「スラ・スラン」へ行ったんだけど、今日は残念。
思ったような真っ赤な朝日は昇らなかった。
けど、この湖にうつる鏡のような景色もスバラシイ。

DSC01952
遺跡に向かう途中、こんなどろんこになったでかい牛がのそのそ出てきたり。


DSC01965
ゲストハウスであたしより一足先にアンコールワットを見に行った人達が、口をそろえて
「バイヨン」が一番良かったっていうから、すごい楽しみにしてたんだけど、
この「顔」がそこたらじゅうにある。なんともいえない独特な雰囲気。
空気がなんかバイヨンだけ違うように感じた。
すげーかっこいーくーる!ちゅー!

DSC01972
ぞうのテラス

DSC01978 

>午後から念願の「アンコールワット」を見にいったんだけど、
 それが突然のどしゃぶり!スコールで終わるかな?と思ったけど、
 雨は降り続け、その中であきらめず行ったのだけど、あきらめなくてよかった!
 まっくろな雲の下にそびえ立つ、「アンコールワット」は水を得て更に、
 おどろおどろしい位迫力があった。

 ただ雨と赤土でぐちゃぐちゃになったあたしたちは、見た目にかなりひどかったぁ。
 アンコールワットの遺跡めぐりはすべてを見ようとするとかなり体力勝負です。
 手ぶらかつ、リュックの中には2Lの水、雨具等必須!
 そして意外にもビーサンの方が楽☆


テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2009/01/25(日) 20:43:27|
  2. カンボジア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

6日目★アンコールワット1st DAY

DSC01802
朝AM4:30。
サンライズを見るために、アンコールワットへ向かう。
まだ真っ暗なアンコールワットへと続く何も無い道を、バイクの後ろにまたがって向かった。
「スラ・スラン」から見る朝日は本当に最高で、
まだ暗い時間に着いたときは本当に朝日が見られるのだか?と少し不安もあったけれど、
真っ赤に染まった湖を見てまだ見ぬアンコールワットへの期待が更に高まった。


DSC01819
その後、時間はまだAM6時過ぎ。
人が誰もいない「バンテアイ・クディ」
昼間なら観光客でいっぱいであろうこの場所は、人が誰もいなくて
聞こえるのは、鳥の声と、森の葉が揺れる音。
誰もいない自然、そして目の前に近づく遺跡。
その静けさに怖くなった。

DSC01842
「タプローム」に着くころには、人もパラパラ見かけるようになったんだけど、
それでもまだそんなに人がいなかったので、自分のペースでゆっくり見たり、
味わう事ができた。

遺跡をどんどん侵食していく大木。
どんなに人が力を尽くして作っても、そうやって自然の力は名に知らぬ顔をして
飲み込んでいってしまうんだろう。
日本には自然の力を圧倒的に感じられる景色なんていくつ残っているのだろう?



>夕方、運転手ラドラドと一緒に友達を空港に迎えに行く。
 久しぶりに友達と再会!そしてこうやって海外で待ち合わせるのは2回目です。
 なんかこうやって、長く付き合った友達に旅行好きがいるのはほんまうれしい!

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2009/01/24(土) 20:16:12|
  2. カンボジア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5日目★シェムリアップおさんぽ

シェムリアップのシティはめちゃめちゃ小さいです。

シティの中を歩くだけであれば、半日もいらないんではないかと思う。

ただ小さいんだけど、バイクやトゥクトゥクが走っている道をひかれないように横断したり、
客引きのおじちゃんに声をかけられ、ちょっとしゃべっていたりしていると、
あっというまに時間がたつ。

あと、日の当たる所にいると本当に暑いので時々休憩がてらに、
お店に入ってマンゴーシェイクを飲んだり、
オールドマーケットでおみやげを見たり、
3日もいると顔をおぼえてくれる人も結構いる。

DSC01760
明日はいよいよ友達と合流!アンコールワットにいけるぞ

DSC01759
一見ビンに入れて何を売っているのかわからないんだけど、これガソリンを売っているんです。

DSC01755
オールドマーケット。ここは食料が売っているところなんだけど、
生肉や、魚が絵的にも、匂いも強烈だった!

DSC01754
マーケットでブンブン虫が飛んでるこの状態を見ても、
料理になって出てくると忘れちゃうくらい、カンボジア料理はうまいー。

>散歩してるとカンボジア人に話しかけられ、せっかくなんでアンコールワットの
 お勧めポイントをたくさん聞いた☆サンセット&サンライズは見なくちゃ!

>夜は、タケオゲストハウス男子でちょっとしたブームになっている「サックソン」という
 ナイトクラブへ。女子も入りやすい、ちょっとゴーゴーバーみたいな雰囲気のお店。
 ショーあり、ダンサーあり。ただ時々洋楽が流れて踊れたりもする。
 明日カンボジアを出発する人も多くてすっごい盛り上がった。

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2009/01/22(木) 19:26:19|
  2. カンボジア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4日目★二日酔い

DSC02106

カンボジアではもう毎度のことなんだけど、昨日も夕方くらいからまたまた停電。

ネットカフェにいくんだけど、もちろんPCにも電気がいる。
いまさらながらおバカだなぁー。行くまで気づかなかった。
だけど、おバカなのはあたしだけではなくて、他にも一人。

イヤーだー自分おバカじゃんてので、恥ずかしさも混ざりテンションあがって、
すぐに打ち解けてしまった。

その後も同じ日に何度もばったり会い、これもなんかの縁だし一緒に夜ご飯食べにいくことに。

スイス人の彼は、一年かけてアジア旅行中。
ダイブマスターのライセンスも持っているので、ほぼダイビング三昧。
まだまだ旅行初心者のあたしに、ポジティブになれる魔法をいっぱいかけてくれました。
旅をしている人にタフでスマートな人はたくさんいるけれど、
これからの旅を自分自身もっと楽しもう!って更に強く思えたので、この出会いはあたしにとって
すごいタイミングもよかったし、パワーになった!
もう一度会えたらいいね!って言うのが、口約束では終わりませんように。


ということで、今日は二日酔いです。
昨日は楽しくて飲みすぎてしまったアルヨー。
むんむんとした暑さのシェムリアップでは、ビールが水の様に飲めてしまう。
そして、うまい!

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2009/01/20(火) 19:07:58|
  2. カンボジア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

インド★デリーのホテル

「Yes sir Guest house」

ロニシゲタトラベルのHPにて日本から予約。
上記宿に2泊と、空港までのピックアップ込みで1250ルピー

最初は「Ajay guest house」に泊まるつもりでいたんですが、
メールにてロニさんから、
「アジャイゲストハウスはただいま改装中で泊まることができない」
との返信がきて、アジャイの隣にあるこのゲストハウスを紹介された。
ただこちらも同じくロニさんの経営らしいです。

部屋はあんまきれいではない・・・。
ただインドだ!と思えばこんなもんなのかなと。我慢できる範囲ではある。
あ。でもTV付いてて癒されたー。

ちなみに「ロニシゲタトラベル」のデスクはゲストハウスの出口横にあるのですが
ロニさん、日本語ぺらぺらでめちゃ親切です。

顔を見るたびにチャイをご馳走になり、おしゃべりしてました。

DSC02140

しかもインドに着いたのが深夜で牛だらけの道を朝方走り、
このメモをチェックインの時にスタッフからもらった時はかなりうれしかったですもん。
「インドで何かあれば連絡しなさい」とインドにいる間は、ちょいちょい連絡させてもらって
何かと助かりましたー☆

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2009/01/20(火) 01:30:29|
  2. 世界のホテル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バイオディーゼルで南米横断☆

16096638.v1229620534

1DSCF4172
あたしの横にいるのがメキシコ人、名前わすれちゃったよー


ボリビア ウユニ塩湖 真夜中のウユニの星空の下でステキな出会いがありました。

偶然にも彼らに出会えたのは真っ暗なウユニ塩湖を星を見るためにドライブをしているとき。
あのだだっぴろい暗闇で会えたことが今となっても不思議だし、縁だなーと思う。

星の下で、真っ白な塩の上に腰を下ろし、ビールを飲んでいた彼は、
めちゃめちゃ陽気なメキシコ人だった。

その彼は、なんとガールフレンドと一緒にメキシコからバイオディーゼル 廃油を車のガソリン代わりに使用し、
メキシコから南米を横断中、そしてスポンサーにヤフーメキシコ!がついているらしい、ワオッ。

もともと研究職か何かをしていたって言っていたけど、スポンサーをつけて、更にガールフレンドと
一緒に南米横断!ができるなんて、ステキだねー。
いいぞーYahooメキシコ。ふとっぱらー

「ガールフレンドは車で寝てるから、リラックスできるように僕は車の外でビールを飲んでるんだよ~」
と、ハニーにやさしい彼は、それでもやっぱり一人よりみんなで飲む方が好きらしく、
しばらくみんなで寝そべって星を見ながらビールを飲んで話してた。
(お酒で体はあったまったけど、息が真っ白になるくらいの寒さっ笑)

そしてそんな彼のHPを教えて頂いたのでここにご紹介。
もうアルゼンチンあたりまでいってるみたいだねー。
彼らの撮影した写真もめっちゃキレイです。







テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2009/01/20(火) 00:53:57|
  2. 世界一周その後
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3日目★トンレサップ湖へ

トンレサップ湖まで、レンタル自転車(一日US$1)を借りていってきました!
タケオゲストハウスで昨日夜ご飯を一緒に食べた、たけしさんとえいじさんと一緒。

自転車で片道1時間くらいの道のり。
ただ舗装されていない道&この道は合っているのか?の不安感で、さらに長く感じる。
出発する前にオールドマーケットで買ったサングラスと帽子無かったら、
本当熱射病になっちゃいそうなくらい暑い。汗がぽたぽた。

DSC01719
こうやって、何もないだたっぴろい景色がただ続く。
飛行機の上から見えた、あのびちゃびちゃに水没したように見えた景色はちゃんと整地されていないこの田園風景だったのかもしれない。

ようやくトンレサップ湖かと思いきや、手前のゲートで

「ここから先は道が無いから、ここでボートのチケットを買え」

といわれる。

ボートに乗るかどうかも決めずに来たし、さらに値段が思ったよりも高かったので、「この奥に行きたいだけ」だと説明して、ゲートを越えてさらに奥まで進入する許可をもらった。

奥に入って直接ボートに交渉すると、先程のUS$15から、US$6と半値ほどの値段。
値段の差でボートの大きさは変わるかもしれないけれど、これで充分だった。


DSC01735
トンレサップ湖は、今雨季なので、深度が7Mくらいある。
ドライバーいわく、乾季には水が干上がってしまうところもあるくらい、水深が変わってしまうそうだ。

1時間半ほどのボートクルージングには、水上で生活する人達の住居を眺めながら、
ボートは更に奥へ進み、まるで海のようなまわりを見渡せば何もない景色を見ることができる場所へ連れて行ってくれる。
そこで、ボートを止めて3人でボートの甲板で横になっている時間は、贅沢だった。

ボートは戻っていく途中、「ワニ園」に連れて行ってくれるんだけど、
想像したのとは全然違う、1m四方で囲われた柵の中に、数匹のミニワニがいるだけだった。
客引きがあれだけ「ワニがいるぞ!ワニが見れるぞ!」って言ってたから、
もうちょっと期待しちゃったよ~。

DSC01739


途中よった水上レストラン兼おみやげやさんのあおぞら男子トイレ。

DSC01736

ここにいたちびっ子がめっちゃかわいい。

DSC01734

>帰り道「カンボジア孤児院 だるま愛育園」を偶然発見して、よってみる。
 ここでボランティアをしているカンボジアの少年にいろいろ話を聞かせてもらい、
 子供たちと遊んだり、話をした。
 

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2009/01/19(月) 18:33:50|
  2. カンボジア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タイ★カオサンのホテル

「GREEN ゲストハウス」330THB
(シングル)

本当寝るだけになってしまったゲストハウス。
この日、夕方にカオサンについて「カオサン歩いてればどこか泊まるとこあるさー」とは
聞いていたものの、これがなかなか見つからず。
いくつか考えていたところは、満室 OR 予算オーバー でふらっとはいったのがここ。
(カオサン一年前のガイドブックじゃ追いつかないほど値上がりしてた)

朝数時間寝て、シャワー浴びるだけだったので、なんのともいえないが、
値段の割りに、良くない。暗い。


「Rambuttri Village Inn」 290THB
(シングル・ホットシャワー)

WWW.KHAOSAN-HOTELS.COM

欧米人にすごい人気みたいです。
安いけど、キレイでホテルみたいだった。
屋上にスイミングプールがあって、この旅初めてのプール!
ただなかなか空いてないみたいなので、予約したほうがいいかも。
あたしは、チェックアウト時間に行ったら運良く空き室がありました。

  1. 2009/01/19(月) 01:13:08|
  2. 世界のホテル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2日目★カンボジア シェムリアップへ

DSC01704

DSC01706

お昼前にはホテルをチェックアウトして、空港に再び向かう。
そして、カンボジア シェムリアップへ!

だけど、飛行機を見てびっくり。
ちょっとちいちゃくないかい?しかも、プロペラだよー
これ、明らかに他の乗客みんな同じリアクション笑

アジアは結構安い航空会社があるから飛行機安いんだけど、
バンコク⇔シェムリアップ間は、バンコクエアウェイズのほぼ独占で結構チケット高いの。
しかも、アンコールワット行く為に、たくさんの人が使う路線だから、
ゴージャス飛行機だろーと思い込んでいたんだけど、ちょっとそのギャップにびっくりしたぁー
あ。でもランチボックスかわいかった☆
ゴージャス飛行機だろーと思い込んでいたんだけど、ちょっとそのギャップにびっくりしたぁー
あ。でもランチボックスかわいかった☆

カンボジアに着陸する直前、空の上から見ると、どこもかしこもびちゃびちゃな水浸し状態の場所が広がる。これは何だ?

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2009/01/18(日) 18:28:27|
  2. カンボジア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カンボジア★シェムリアップのホテル②

「ブン ナス ゲストハウス」(bun nath guest house) US$9
(ツイン・ホットシャワー・TV・冷蔵庫付)
e-mail/ bunnath_gh@hotmail.com

タケオゲストハウスの真横にあります。
シェムリアップで出会った日本人に、教えてもらいました。
「数ドル高いかも知れないけれど、タケオゲストハウスよりキレイだよ」って聞いたんで
早速値段を聞きに行くと、ツインだとタケオに泊まるよりも安い!
友達が日本から来て合流するタイミングで、こっちに来ました。
めっちゃキレイです。しかもこの値段なら納得です。
ここは地球の歩き方には出てなかったんだけど、何回もカンボジアに来てる年輩の方が割りと多かった。
このゲストハウスで用意してもらったトゥクトゥクのドライバーがめちゃ良い人で、
親切だった。名前はラドラド。
そしてスタッフももちろん親切。
次にカンボジア来る機会があれば、またここに泊まりたい。




DSC01851

DSC01852

  1. 2009/01/18(日) 00:59:11|
  2. 世界のホテル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カンボジア★シェムリアップのホテル

タケオゲストハウス」 US$5
(シングル・ホットシャワー・朝食付き・ランドリーフリー)

シェムリアップでは有名な日本人宿。
日本から直接、空港までのピックアップも含めて予約していきました。
あたしが行った10月は比較的日本人が少ないんだけど、それでもここには日本人がたくさんいたー。
スタッフもすごくフレンドリーで、ここではツアーの手配、レンタル自転車、その他両替等、なんでもお願いできるので困らないと思います。
しかも、コンビニまで歩いて5分くらい。どこへいくにもアクセスは良いです。

ただ、あたしの部屋は、水道から出る水がなぜかすべて赤くて(さび?)これにはまいった。
水道水で歯が磨けなくてミネラルウォーターで歯磨きしてたよ。

でもこれは他の人に聞いてみると、どうやらあたしの部屋だけだったみたいなので、もしかしたら当たり外れがあるのかもしれないねー

ただそれ以外は、雰囲気もいいし、1階にあるレストランでは日本食も食べれるし、なんだかんだそこには誰かがいるので、一人旅だと夜ご飯みんなで食べたり飲んだりして楽しめると思います。
ちなみにシェムリアップの町はあまり夜遊びに行くところが充実してないので、何かとこのレストランでみんなで飲んでる事が多かったです。

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2009/01/17(土) 00:45:50|
  2. 世界のホテル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1日目★日本出発 タイへ!

DSC01701

今思えば何であんなに身構えてたんだろう。

富山を出発して、関空に向かうまでの時間が一番ドキドキしていた。
富山駅で、本当は不安なのにそれも見送りにきてくれたキミに
口にできないくらい、今から始まる旅行に身構えていた。

サンダーバードの中での3時間。
う~ん、と少し思いをめぐらせ、
関空に着くころにはすっかりヒトリタビモード。
こっから先は、何が起きても、最終的に自分チョイス。

自分チョイス①
関空から、行ってきますポストカードを出してみました。暇だったん。

>ハワイアンの男の子とラーメン食べに行く@関空。
 マイクはDJでプロサーファー。久しぶりに英語しゃべったけど、思ったより通じるじゃん。
 バリ行きの飛行機に乗る彼を見送ってバイバイ!良い旅を!ありがとう!

>バンコクに向かうJAL
初めてJALに乗ったんだけどこれがびっくり快適。
ごはんおいしーし、TV一人に一個あたるのってすげーっ。
SATC見てぐっとテンションあがる☆
となりの席のおじさんは、出張でバンコクよく行くみたいで、
「今から世界一周いくんですよ~」って話してたら、
タイで何かあれば!と緊急連絡先を教えて頂きました。
やっぱり女の子一人世界一周って言ったら、びっくりするんだ~

>えーバンコク無事についたはいいが、
うっかり客引きのタクシーに乗りそうになってしまった。
タクシーはその場になく、「こっちこっち!」という方へ行くんだけど、
絶対にありえん!と判断しダッシュで逃げた。
タクシー乗り場は、ガイド持ってるから分かるんだけど、
それでもわからんくなるくらい、空港は人だらけでごちゃごちゃ。

>タクシー乗り場発見!
だけど、あたしの乗ったタクシーのおじちゃんは、知ってると言ったのに迷い続けた。
人気の無い道を行くので一日目にしてやばい事になってる?!と、
念の為、バックパックを持ってタクシーから飛び降りる心の準備をしていたが、
おじさんはただ迷っているだけだった。
タイカップルに道を聞き、無事に到着。
30分で着くところ、1時間以上かかった。
でも、とりあえずホテルにつけたありがたさでおじちゃんにチップまであげてしまった。

一日目にしては、事件が多すぎではないでしょうか?
なんとなくこれからの旅に不安を覚えた笑。

AM9:00 自宅出発
PM25:30 バンコクのホテルにて就寝。

一日目にしては、けっこーハードなスケジュールだった。


テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2009/01/16(金) 02:07:46|
  2. タイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

タイ★スワンナプーム空港近くのホテル

Ratchana Place」 1泊 350THB
(シングル・エアコン有・ホットシャワー)


世界一周一泊目のホテルです。
「Hostel world.com」で予約しました。

旅行一日目ということもあり、ウォーミングアップで少しよさそうなところを選んで行きました。
深夜着、翌日の午前中には再びタイ スワンナプーム空港から、
カンボジアに立つ予定があったので、空港近くを選んでいったのですが、結構遠いです。
もともと空港近くにはまだホテルがほとんど建っていないので、他のホテルに比べると近いのかもしれませんが、タクシーで30分程かかります。
しかも、住所があれば着くだろうと甘くみていたら、案の定タクシーは迷いました。
HPにて地図をプリントアウトしていかれることをお勧めします。

ただホテルは値段の割りにセキュリティはかなりしっかりしています。
スタッフも親切だし、わりとキレイです。
日本人の利用も多いそうですよ。
1階の食堂のごはんはおいしかった☆



DSC01700

DSC01699

  1. 2009/01/16(金) 00:27:23|
  2. 世界のホテル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世界一周を終えて★まとめ

DSC02287

世界一周を終えての感想。

行ってきてよかった。心から思う。

ちょいちょいの海外旅行なら、何度も行ったことがあるけれど、
3ヶ月とはいえ、世界をいっぺんに見れたのがすごくよかった。

アジアからスタートして、中東、ヨーロッパ、南米。
ぐるーっと回っていくと、どんどん景色が変わっていく。
景色だけでなく、空気のにおいや、信じるものや、言語に、町並み。
数え上げればきりがないのだけれど、となりの国に行っただけなのに、
すべてといってもいいくらい、ほとんどが変わってしまったりする。

いったい何なんだろう。国境って。
このボーダーがあることによって、たくさんの戦いが起こったり、差別に苦しむ人がいる。
だけど、その反面、このボーダーがあるおかげで、
守られている貴重なものたちもたくさんある。
文化とか、歴史とか、その国独特なもの。

国境っているのかな?いらないのかな?
ただ一概にボーダレス!なんて叫べない。

そして、何よりも印象的だったのは、宗教だ。
もともと見所のメインにしていた世界遺産なんかは、ほとんどが各土地の宗教に大きく関わっていることが多い。
それが形として表現されているスケールにも驚かされたが、もちろん人々の生活のスタイルや、考え方が、宗教によって大きく変わるようにも感じられた。
とくにほぼ無宗教といってもおかしくはない、あたしだから尚のこと驚かされたのではないかなぁとおもう。

こうやってあげればまだまだたくさんあるのだけれど、
今こうやって日本に帰ってきて感じるのは、今まで縁遠いと思っていたものがぐっと近くなった事。

例えば、イスラエルのパレスチナ地区への砲撃のニュースを見れば、
あの国で出会った人たちの顔が出てくる。
ニュースではイスラエルが悪者のように報道されているけれど、
イスラエルで出会った人達の顔を思い浮かべると、
何も知らずしてそうは言いたくないと思い、
ニュースでは出てないことをもっと勉強して自分なりの考え方が欲しくなった。
だってニュースは誰かの見方であって、それが真実だとは限らない。

コンビニなんかにおいてある募金箱におつりをいくらか入れる時には、
はだしで走り回ってバクシーシを集めていた、あのやんちゃな男の子の顔が浮かんだり。

世界一周に行く前と、行った後では、世界の印象ががらっと変わったもの!

自分の目で見て、確かめられた事がすごく自分にとって良い経験だったと思う。














テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2009/01/15(木) 00:11:28|
  2. 世界一周まとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メインブログ☆

こんにちわ☆
世界一周ブログとは別に、メインブログ立ち上げました。
「ナナマニア★」
これからはこちらをメインにさせていただきます。
なお、こちらのブログも引き続き、もちろん更新していきますので遊びにきてねー
  1. 2009/01/12(月) 17:25:38|
  2. 世界一周その後
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あけまして☆2009

あけましておめでとうございます☆
遅くなりましたが、今年もよろしくおねがいたしまーす。

本当に去年は振り返ると、世界一周をできた事もあってほんまにすばらしい一年になったような気がします。
行ってきた事も自分にとっては、すばらしい財産になったけれど、
今思えばそこまでの、出発するまでの過程が、きっと一番考えさせられたり
自分を振り返る意味のある時間になったような気がします。

世界一周への決意を固めたときも、
いざ出発するときも、
旅が終わり日本に帰ってきても、

常にそれが終わりではなく、
やっぱりなんだかのスタート地点であって、
再び真っ白な未来に
胸を高まらせたり、時に戸惑ったりする。

やり終えた充実した時間なんて、
実はほんの一瞬だなんて知っていても、やっぱりもういっちょやってみよーぜって思える人間でいつもいたいなぁと思います。

・・・とかっこよく言ってますが、
現在まだ旅行ボケ抜けず、ふにゃふにゃ状態からの脱出をはかり中。
まったくと言っていいほど、昼夜がここ数日逆転してまして、
この際だから、

1日=24時間 を

1日=36時間 とか 40時間 なんかにしてみたら、体はどうなるんだろう?と

挑戦してみたんですが・・・。

1日6食とか、睡眠14時間とか、ちょっと体の調子がおかしいです。
激しくテンションが高かったり、鬱になりそうになったりします笑。


なので、今日は徹夜して、今AM7:20.
今日寝ずにいれば、みんなと一緒のリズムに戻るはず。

ほんで一晩中おきて、フリッカーに旅行中の写真UPしました。
フリッカー初めて使ったんだけど、いっぺんに100枚とか写真をUPできるのでめんどくさくなくてすっごい楽です。

そうそう。写真もプリントしてアルバムにしたんだよ~
最初は作る予定なかったんだけど(PCに入ってるし、ネットで見れるしねー)
ただ、うちの両親がPC使わないもんで、わりと見所や、出会った人たちと写っている写真をチョイスしてアルバム作りました☆
かなり抑えて抑えて・・・それでも400枚。
ネットで 1枚 8.5円 ☆を見つけてそこでやったんだけど、素人目にはうつりもグーでしたよん。

DSC04316DSC04315
左の写真は「白地図、世界地図、日本地図が無料」(フリーマップ)で地図印刷して、自分が行ったルートをママがわかりやすく、書いてみた。
意外にコレ自分でやっててテンションあがる笑。
しかも「こっちのルートもありだなぁー」とか次回の旅のプランを立て始める。


ちなみにこいつは↓おいらの宝物です。
多分いっしょうものですっ。

DSC04317

DSC04321DSC04320
旅行中トラベラーズノートにすべてを書き込もうと思っていたのですが、
いかんせん、パンフレット系がかなりかさ張るので、
ちょっと大き目のノートを購入して、ざっくりの日記はこっちに書こうと分けることに。

こいつは、タージマハール前のちっこい商店で、おじさんにありったけの種類のノートを出してもらい、品定めされた一品です。
インドけっこう商品がふきっさらしに置いてあって、ちゃんと見ないと泥ついてたり、破れていたりがザラにある。
こいつは、かなり長いこと在庫だったんだろーなーと思うくらい、ふにゃふにゃになった新聞紙みたいでしたが、今となっては使い込んだ感がかなりいい味を出しているお気に入りです。

こいつにパンフレットや、ホテルのカードをペタペタ貼って、今日はどこいったとか暇があればメモってました。

トラベラーズノートは、旅行のスケジュール管理とか、お金の管理とか、どっちかというとコレをなくしたら旅行が回らんくなるーっ!っていう大事な方の情報管理だったかな。もう貴重品扱いですよ。


とりあえず、今自分の頭がまだ旅行の感覚を思い出せるうちに、旅行記UPしてく予定です☆
おまちあれ。

  1. 2009/01/10(土) 06:41:18|
  2. 世界一周その後
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0