ナナマニア★世界一周しちゃえば!?

世界は待っててくれるけれど、見たい世界は変わってく。ヤリタイコトは、ヤリタイトキに。だって人生一度キリジャナイ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

18日目☆インド バラナシ ガンガーへ

昨日の夕方、電車でガンジス河のある町「バラナシ」に到着しました。

「アーグラー」からここ「バラナシ」に向かう電車は、トラブルの連続でちょっとした冒険旅行でした。

まず、インドの電車が遅れるとは聞いていたのだけど、案の定一時間くらい遅れ、
やっぱりなぁーなんて思っていたら、電車が到着する時間直前にプラットホームの変更!!

これにはびっくりした!
あたしの周りにいた人たちもほぼ旅行者だったので、なんとかして反対のホームにいかなくちゃいけない!
もちろん階段っていうのが普通なんだろうけど、線路に飛び込んで向かいのプラットホームに渡っていくインド人を見て、同じように旅行者もあわてて数人が線路に飛び込んでいきます。

線路は暗くてよく見えないし、電車もいつ入ってくるか分からない、しかもこのバックパックを担いだまま、もう一度ホームに自力で登れるのか?!

一瞬ためらいも生じたけど、行くしかない!
思い切って飛び込んで、なんとか線路かプラットホームによじ登る間はほんまめっちゃドキドキした!!でも手を差し伸べてくれる人がいたり、ほんまそういう風に助けてくれる人がいるからなんとか一人でも旅行が出来ているんだと思う。感謝感謝。

電車の中はかなり快適だったんだけど、トラブルはこれだけじゃ終わるはずもなく
電車は到着予定時刻の6時間後に到着。
いや?!到着しなかったんだ!駅手前3kmほどのところで動かなくなり、そこから駅へ荷物を全部担いで歩く羽目になったんだ。

まぁでもなんとか無事にここまでこれたので、ちょっとしたトラブルも旅のいい思い出!
毎日がなんだこりゃ!?の連続です。

あ!そうそう!昨日インドで初めて日本人に会いました☆
そろそろ日本が恋しくなってたので、ちょっと感激だった。
一緒にごはんを食べ、旅のお供にと本までもらい(しかも「深夜特急インド、ネパール編」)
昨日の夜は久しぶりに本読んでたらとまらなくて朝まで眠れなかった!
今日本に帰ったら読みたい本がいっぱいあります☆
宗教に、建築に、歴史に、そして今回の旅のメインである世界遺産の背景をもっと知りたい。

ではでは、今からガンガーでボートに乗り、夕陽を見てぽけーっとしてきます。
スポンサーサイト
  1. 2008/10/22(水) 19:34:10|
  2. ナマ旅行記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

インドの電車はおくっるて聞くよね。
それにしても、線路を渡ってホームをかえるとは・・・スゴイです。
無事で何より。

ガンガーはどうでしたか??
  1. 2008/10/22(水) 21:54:48 |
  2. URL |
  3. tommy #-
  4. [ 編集]

>tommy
ガンガーは。。。なんていえばいいんだろ。
すっごくよかった!っていうのはなんか違うなー
釘付けになってしまう光景がたくさんあった。
絶対忘れないと思う。

tommyさんは?何を感じた?
  1. 2008/10/23(木) 16:43:07 |
  2. URL |
  3. ナナ #-
  4. [ 編集]

でました、インド電車。やっぱりね。
でも、旅してる感じ~でしょ。
ブログ楽しみにしてるよん。
  1. 2008/10/28(火) 13:22:38 |
  2. URL |
  3. iku #oyUv4a/.
  4. [ 編集]

私は、夜のお祈りと朝の日の出を見に行ったんだけど。
生と死の狭間を歩いてきた感じがしたよ。

沐浴をしてる人の横で、死体が焼かれてて。
子どもが物を売ってて、死んでるのか寝てるのか
わからないような人が転がってて。

インドでは人なつっこい人々との触れ合いも楽しかったけど
それ以上に様々な生き方をしてる人をみて
人間の幸せって何だろうって考えてた気がします。
  1. 2008/11/03(月) 12:01:04 |
  2. URL |
  3. tommy #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nanamania.blog43.fc2.com/tb.php/132-1fa4ff43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。