FC2ブログ

ナナマニア★世界一周しちゃえば!?

世界は待っててくれるけれど、見たい世界は変わってく。ヤリタイコトは、ヤリタイトキに。だって人生一度キリジャナイ?

15日目★タージマハールへ

DSC02287

いよいよタージマハール!
実際目にしてみて本当に迫力があった。
インドは空気があまりきれいではなく、遠くを見ると煙のようなもので、少し先がかすんで見える。
タージマハールも遠めに見ると、やはりかすんだ感じに見えてしまうのだが、
なんだかそれも不思議な雰囲気を演出しているような気さえした。

しかもタージマハールにまつわるお話を聞くと、すごくロマンチックで悲しいお話。
昔の王様が、愛した奥様のお墓としてこのタージマハールを建てたそうです。
そして、川をはさんだ向こう岸に自分のお墓も作ろうとしたそうですが、
それは作られないまま、その願いはかなえられずに終わってしまったそうです。
(その建設予定だった場所はブラックタージと呼ばれ、行くこともできます)

おおはしゃぎで観光にきてしまったものの、実はここは彼らのお墓。
本来は静かなところで安らかに眠りたかっただろうな、と思うと、
まったく関係のない人種や宗教の人達の見世物になってしまてる現状、
彼らはどう思ってるのだろう、とも考えてしまいました。

DSC02301
ここでも「写真取ってください」と言われる事多かったなー。
一人旅でも退屈することのないインド笑。

DSC02356
バックサイドタージ

DSC02355
夕暮れにタージマハールを後ろから見るのは人も少なくて、情緒ある風景。

DSC02338
アーグラー城

アーグラーの見所は、主に「タージマハール」と「アーグラー城」
インドにある世界遺産等の遺跡は、ほぼ完璧な形で細部まで残っているのがすごいなぁと思う。
細工が細かくてすごくキレイ。

DSC02329

DSC02312
リスも走り回る自然いっぱいな場所。


一日中、暑い中を歩き回って軽く、午後熱射病っぽくなって動けずにいたんだけど、
ドライバーをお願いしてた グルは、ACのある知り合いのホテルの部屋で寝かしてくれたりと
ものすごいいい人だった。

そうそう、彼のリキシャーをチャーターするきっかけにもなったんだけど、
彼は「特別」なノートを持っていてそれを見せてもらって彼にお願いしようと決めたんだ!

その「ノート」というのは、今まで彼に出会ったお客さんがそのノートに彼に対するお礼や、
思ったこと、値段、などを書き綴ったもの。
コレ見たとき、めっちゃかしこい!って思ったもん。

もちろん彼は日本語が読めないから何が書いてあるのかは知らないんだけど、
そこには「この値段まで交渉できるよ」とかグルに取ったら不利なことも書いてあるんだけど
悪いことは全然書いてなかったんだよね~
行き当たりばったりの人に、一日ドライバーとしてお願いすることになるんだから、
第一印象+このノートの方が当てになる。と思い、彼にお願いすることに。
う~ん、それにしてもインド人て商売人なイメージ。やるにゃぁー

夜は同じホテルに泊まっていた、ドイツ人のグループとご飯をご一緒させていただき、
夜のタージを見ながら乾杯★
スポンサーサイト



テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2009/02/05(木) 19:13:45|
  2. インド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nanamania.blog43.fc2.com/tb.php/165-7c4c2c97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)