FC2ブログ

ナナマニア★世界一周しちゃえば!?

世界は待っててくれるけれど、見たい世界は変わってく。ヤリタイコトは、ヤリタイトキに。だって人生一度キリジャナイ?

18日目★アーユルヴェーダ体験

DSC02416

昼過ぎにおきると、ホテルのオーナーRAJさん達も家族と一緒に
ちょうどお昼ご飯を食べるところだった。
「よかったらどうぞ」と誘っていただいて、インドの家庭料理をごちそうになった。

インドのカレー。実はかなりはまってまして、インドに来てから一日2食は
カレー食べてる気がするほどです。それくらいすっごいおいしいんです。
頂いたインドの家庭料理はカレーではないんだけど、
ちょこちょことインドのお惣菜が何種類かのっている。
それが見た目はけっこう日本のお惣菜ににてる、
だけどスパイスがやっぱりインド!って感じ。
それがまたおいしくて、インドに来てからナンバーワンかも。
うーん、インド料理おぼえたいなぁ。
野菜もいっぱい使ってるし、しかも結構日本でおなじみの野菜も多い。
あとはスパイスだよなぁ~。日本でほぼ手に入るのかしら~

DSC02411
ガンジス河沿いの壁画

DSC02420

街を散策したあと、夕方からガンジス河でボートにのることに。
あたしのボートを漕いでくれるのは、小学生低学年くらいの兄弟2人コンビです。

おにーちゃんが漕ぐボートに弟も一緒に乗って、弟くんはまだ一人で仕事をする年齢では
ないみたい。修行中なのか?
その兄弟とのやりとりはおもしろかったなぁ~

バラナシには、死期を目の前にした病人や、寿命が近づいてきている老人なんかが
ガンジス河の川沿いにたくさんいる。

よく「死んだらガンジス河に灰をまいてくれ」なんて言葉を聞いたりしますが、
彼らはまさにそれで、死んだらガンジス河に灰をまいて欲しい、
その思いで、ここガンジス河で死ぬまでの時間をすごしているのです。

もちろん働いている人なんてほとんどいないので、
ここをおとづれる観光客からなどのバクシーシなどで多分生計を立てているのだと思います。


そして、ガンジス河では、実際に川沿いで死体を焼いている場所があります。
その場所(Manikarnika)での死体を焼き続ける光景は、今でも目に焼きついています。

あの時の気持ちはどう表現すれば、いいのかわからない。
ただ布にくるまれた人の体に目の前で火を放たれ、
そして、その煙が空に昇っていく。
意外にも甘いその匂いが、思ったよりあたしを悲しい気持ちにさせる事がなかった。



夜はゲストハウスでお勧めのタンドリーチキンを食べて、レストランにいた人達で
わいわい楽しいディナー★

そして、「アーユルヴェーダマッサージ」してもらいました。
日本で講師として活動していたRAJさんにお願いしてやってもらったんだけど、
これが今までにない気持ちよさ。
やっぱり本場でやってもらうと違いますねー。
毎日歩いていて、足がパンパンになっていたけれど、これで明日からまた歩くぞー



スポンサーサイト



テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2009/02/08(日) 20:51:58|
  2. インド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nanamania.blog43.fc2.com/tb.php/168-34c198e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)